N響「フィルハーモニー」 2006年1月号 関根裕子 「クララとヨハネス晩年の友情」

NHK交響楽団
機関誌「フィルハーモニー」 2006年1月号
(第78巻第2号)

短期連載 新ブラームス像を求めて 最終回
関根裕子「クララとヨハネス晩年の友情」
(pp.49-52)

※4頁の短い小論ですが、晩年のクララの「老い」を視点に据えた興味深い内容です。

NHK交響楽団
http://www.nhkso.or.jp/

朝日新聞 土曜版 (2006.01.14) 愛の旅人 ブラームスとクララ・シューマン

朝日新聞 土曜版 "be on Saturday"
2006.01.14

「愛の旅人」 ドイツ・バーデンバーデンほか

 恋を超えきずな固く
  ~ ブラームスとクララ・シューマン 交響曲第1番
    音楽家として認め合い
    800通以上の手紙交わす

 (文) 森川敬子
 (写真) 菊地洋行

http://www.be.asahi.com/20060114/
W21/20051222TBEH0033A.html

「レコード芸術」12月号に寄稿と特集 1) ビーバ 「ウィーンのシューマン」 2) 現代名盤鑑定団:ピアノ五重奏曲

 ちょっと前の発売ですが、「レコード芸術」12月号にシューマン関連の寄稿と特集が掲載されました。

「レコード芸術」 2005年12月号 音楽之友社
 (第54巻第12号(通巻663号))

--------------------

オットー・ビーバ (ウィーン楽友協会アルヒーフ・ディレクター)
小宮正安訳
「ウィーン楽友協会のアルヒーフより (12)
 シューマン・イヤー2006 ウィーンのシューマン」 (pp.282-284)

※ウィーンでのシューマンの様子や交友関係について、ウィーン楽友協会とシューマンとのかかわりについて。

伊藤恵 エッセイ「我が心の曲 ~ シューマン ユーゲントアルバム~」

 財団法人日本ピアノ教育連盟の会報(2005年 秋号 No.83)に伊藤恵さんのエッセイ「我が心の曲 ~シューマン ユーゲントアルバム~」が掲載されています。同財団のウェブサイトにて読むことができます(PDF)。子供時代から因縁のあったシューマンとのかかわりのほか、クララへの憧れ、来年のN響定期で演奏予定のクララのコンチェルトの話題も少し登場します。

●詳細 → 財団法人日本ピアノ教育連盟 会報(2005年 秋号 No.83)

●シューマンおたく学会内の関連情報

「伊藤恵 クララのピアノ協奏曲を弾く!
シューマン夫妻記念年
ローベルト生誕週間のN響定期」